動脈硬化を防ぐ

もろみ黒酢の効果ランキング

黒酢には、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす動脈硬化を予防する働きがあります。

もろみ黒酢TOP > 動脈硬化

成人病を引き起こす動脈硬化

動脈硬化とは、その名のとおり、動脈が弾力性を失い、硬くなってしまった状態を指します。

血管はもともと弾力性に富んでいますが、動脈硬化によって硬くなってしまうと、血流が悪くなり、血管がつまって血栓ができやすくなります。

血栓を放っておくと、やがて破裂やつまりを引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などに代表される脳卒中を発症する原因となります。

そのため、動脈硬化は成人病リスクの主原因とされており、予防はもちろん、早期発見・治療が必要とされる症状となっています。

黒酢で動脈硬化を防ぐ

黒酢は、重病を招く動脈硬化を防ぐ2つのはたらきが期待されています。

1つ目は、高血圧解消による動脈硬化の予防です。

高血圧は生活習慣病のひとつに数えられている疾患。高すぎる血圧は血管に負担をかけ、動脈硬化を誘発する原因となります。

黒酢には、上がりすぎた血圧を下げるアデノシンを作り出す作用があり、高血圧を解消し、動脈硬化を予防してくれます。

クエン酸でコレステロール値低下

黒酢の持つもうひとつの動脈硬化予防作用は、クエン酸によるコレステロール値の低下です。

コレステロール値が上昇すると、生活習慣病リスクのひとつである高脂血症の発症を招き、血液がドロドロになって動脈硬化を引き起こす要因となるのです。

黒酢に含まれる酢酸は、体内でクエン酸となり、脂質の代謝を行うクエン酸サイクルを活性化。

高脂血症を予防し、ドロドロ血液をサラサラ血液に変えて動脈硬化の発生を防いでくれます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) もろみ黒酢の効果ランキング All Rights Reserved.